カマドが変わりました<新型カマド導入>

2016-07-07

新型かまどの使い方 PDFでダウンロード頂けます

実は、このカマドはとても素晴らしいものです!
当園はこれまでも、薪使いたい放題制(無料)なのですが・・

一昔前は確かに当園もタダ同然で手に入った製材の切れ端でした。
ところが今では地元の製材会社自体が激減し、手に入れるのに遠方から運搬し購入しないといけなくなって来ました。

地元の森はますます使われなくなって来ています。
余談になりますが、里山は人の手が入り続けてこその健全な里山です。

人が木を切らなくなり、誰も入らなくなると、とたんに鬱蒼と生い茂り、直ぐに地表に直射日光が届かなくなります。
すると、地面を覆っていた保護層とでも言える下草たちがほぼなくなり、地面は雨が降る度に洗い流され、地表がガラガラになってきます。
すると、植林された杉やヒノキたちは、ヒョロ長くなっているので、雪害や集中豪雨にとても弱く、次々と折れ倒れ里山が荒れて行きます。

20年前までは郡上の里山で滅多にみることのなかったヤマヒルも、今では園内にまで次第に降りてくるようになりました。

そこで、この新型カマド(商品名:ecozoom)の役割なのですが、
このカマドはアフリカでも貧しい地方で導入がされているそうです。
そうして、地域の教育力Upに繋がっていると聞きます。

どういうことかと聞きますと、
新型カマドのエコズームは、従来のカマドの実に3分の1から上手にすると4分の1くらいの薪の量ですむようになります。
燃費効率が煙突効果で抜群に良いのです。

ところで燃料の薪を広いところから探しまわって集めてくるのは、子どもたちの役目だそうです。
そこで、これまで薪拾いに割かれていた時間が浮き、学校に通えるようになったという具合です。

当園でも、薪はご用意してありますが、ぜひ小中学生の方には与えられたものだけで済ますのではなく、自ら園内の枯れ枝や枯れ葉を使ってみて燃やせること、燃料に十分なことを感じて欲しいです。
キャンプの意義はそういうところに本来あるはずです。

なお、エコズームの商品説明は下記ご覧ください。
http://ecostove.jp/

ご宿泊利用のお客様には、
amazon等よりもどこよりもお値打ちな低価格でお譲りいたします。
ご家庭に防災グッズとして常備しておかれてはいかがでしょう。
キャンプにも大活躍ですし、なにより便利で安心出来ます。

howtokamado

Copyright(c) 2013 郡上八幡自然園 All Rights Reserved.